2012年03月

緋村剣心 抜刀斎

2012年03月27日01:50
 2011/7/4に撮影しました。
抜刀斎 付属刀 004

 詳細はこちら――
■緋村剣心 → http://www.amazon.co.jp/dp/B004R1QQME
 メガハウスさんから発売された緋村抜刀斎のフィギュアです。

 全体像です。
抜刀斎 付属刀 001
 るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-は、連載時から購読していましたから、かなり思い出深い作品です。

 とは言っても、縁編の途中でジャンプ自体買うのを止めてしまったので、そこからはコミックになります。
 新装された大判コミックも一応持っていますが、大きいし分厚いしで、電車の中などでは扱い難いですよね。

 こちらの顔は、おろろーの剣心に付け替えています。
抜刀斎 剣心 009
 いつもの赤い着物ではなく、青い着物なので変な感じです。

 るろ剣といえば、原作でもアニメでも京都編は熱かったですね。

 志々雄の刀、連載当時は「不変刃」で、アニメでは「無限刃」になっていた記憶があります。

 地上波アニメの方は京都編以降、天草翔伍や、風水の話になってしまって、毎週見てはいたのですが、何か違うなぁと常々首を捻っておりました。

 OVAの星霜編、追憶編は未だに見れていない作品です。中でも、追憶編はオススメらしいですね。
 フィギュアを買っていると、DVDにまで手が回らないのが残念です。

 それなりにゲーム化もされましたよね。
 PSの維新激闘編は、苦手な格闘ものだったので、一通りクリアしたら売り払いました。アニメの雰囲気を再現しようと頑張ってはいるのですが、どうも動きがもっさりしてるんですよね。

 でも、その後に出た十勇士陰謀編は本当に面白くて、隅から隅まで遊び尽くしました。ソフトもデータも、まだ手元にありますよ。

 PS2の炎上!京都輪廻は、非常に惜しい作品でしたね。
セリフ音声が小さ過ぎたり、雑魚キャラがタフ過ぎたりと、痒いところに手が届かない感じのソフトです。
 しかしながら、結構再現性は高いので、るろ剣が好きな方は楽しめるのではないでしょうか。私は双龍閃が好きでした。

 PSPの再閃も持っているのですが、色々とノーコメントにしておきます。

 最後までの閲覧ありがとうございました。

高嶺愛花 水着Ver.

2012年03月23日02:11
 2011/12/3に撮影しました。
高嶺愛花 白水着 (1) 上半身

 詳細はこちら――
■高嶺愛花 →
http://www.1999.co.jp/10155055
 WAVEさんから発売された白水着のフィギュアです。

 全体像です。
高嶺愛花 白水着 (23)
 前回の記事同様、私はラブプラスをプレイしたことが無いにも関わらず、またも一見で購入してしまった一品です。

 他にも、そういう経緯のフィギュアが多数あります。実のところ私は、設定諸々よりキャラクター重視なのかもしれません。

 少し左からです。
高嶺愛花 白水着 (10)
 以前にKONAMIさんから出た制服姿の高嶺愛花は、微妙とまでは言いませんが、角度限定だったのに対し、こちらのものはどこから見ても可愛かったです。

 前情報で少し懸念したものの、当たりのフィギュアだと思いました。

 フィギュアはポーズが固定されている分、顔が隠れたり、見せたい部分が写らなかったり、いらぬ影が出来てしまったりと、結構角度限定になりがちですよね。

 そういえば、Figmaのマミさんを予約していたので、amazonさんから支払えメールが来ていました。こちらもまた原作知らずです。

 不意に耳にしたことから知ったのですが、マミさんのテーマは勢いがあってカッコイイですね。Credens justitiamと言うそうです。

 ぜひ聴いて頂きたいのですが、単品のサウンドトラックはまだ出ておらず、アニメBlu-ray2巻に付属している様です。

 私はまだPS3もブルーレイドライブも持っていないので、手に入れたら一度見てみたいものですね。

 最後までのご精読ありがとうございました。

赤夜萌香 バンパイア覚醒後ver.

2012年03月22日02:55
 2010/5/4に撮影しました。
赤夜萌香 グッスマ 003

 詳細はこちら――
■赤夜萌香 → http://www.1999.co.jp/10084049
 グッドスマイルカンパニーさんから発売された1/8サイズフィギュアです。
 下地は鏡になっています。

 接写です。
赤夜萌香 グッスマ 007
 私自身は、原作とか全然知らなかったのですが、amazonで見掛けたか何かで、一見して気に入り購入しました。

 全体像です。
赤夜萌香 グッスマ 006
 白い脚がスッ長くて綺麗だと思います。この赤いドレスもデザインが良いので、ドールに着せてみたいですね。

 元は「ロザリオとバンパイア」という作品のヒロインで、このフィギュアはバンパイア覚醒後という設定の様です。
 バンパイアの割りに十字架とセットというのが面白いですね。

 漫画、コミックと言えば、「姫ちゃんのリボン」が好きでした。

 主人公の姫ちゃんは、いつも元気一杯で太陽みたいな子です。
 でも時にはダメな日もあって、大地やポコ太、愛美や一子、愛子お姉ちゃんや夢子ちゃん、お父さんお母さん、そういった周りの人達と困難を乗り切っていく姿が良かったですね。
 エリカに助けられた時もありましたよね。

 アニメの方は、主題歌をSMAPが手掛けているんですよね。OPが「笑顔のゲンキ」、EDが「ブラブラさせて」ですね。まだ森君がいた頃でしょうか。

 最後までご精読頂けたのを切っ掛けに、コミックの方は新装されている様なので良ければいかがでしょうか。
 今の若い子にも、ぜひ読んで欲しい素敵な一作です。

 閲覧ありがとうございました。

棗鈴 猫日和

2012年03月20日02:36
 2011/11/30に撮影しました。
棗鈴 猫日和 (18)

 詳細はこちら――
■棗鈴 猫日和 →
http://www.1999.co.jp/10155319
 壽屋さんから発売されたリトルバスターズ!のフィギュアです。

 全体像です。
棗鈴 猫日和 (5)
 様々な猫さん達に取り囲まれて遊んでいるデザインです。

 私自身、猫アレルギー持ちなので、こうやって猫さんと戯れることが出来る方々を羨ましく思います。
 下手に近付くと、鼻水と目の痒みが止まらなくなるので困ったものです。

棗鈴 猫日和 (10)
 PS2版リトルバスターズ!は買ってあるのですが、中々プレイする暇なく、新品のまま仕舞いっぱなしです。
 ノベル系は時間が進むのに掛かってしまいますね。

 その他ノベル系では、
PC『舞-HiME 運命の系統樹 修羅』PC『I/O RevisionⅡ』PSP『久遠の絆 再臨詔 -Portable-』などを、カタツムリの様な速度で読み進めております。
 RPGはめっきりプレイしなくなりました。

 自己紹介欄にも書かせて頂きましたが、メモリーズオフシリーズは、Memories Off ~それから~ まではクリアすることが出来ました。

 メモそれに出てくる、りかりん (花祭果凛)
が明るくて可愛いですよ。所々のセリフはクサイですけども。
「昨日の友は今日の友、親しき仲に礼儀なし」とか。
 廉価版が
PS2版PSP版ともに出ていますし、一度いかがでしょうか。

 最後までの閲覧ありがとうございました。

A New Story (カノン)

2012年03月19日01:34
 前記事からの続きです。

 昨日、アーティストのカノンさんが歌うアルバムを購入してみました。

 A New Story →
http://www.amazon.co.jp/dp/B004D6PZHA
A New Story 表
 これに収録されている、仲間を求めて (FINAL FANTASY 6) を試聴して気に入り、実際に通して聴いてみたところ、歌声が透き通っていて、かつ原曲のリズムとも合っていると感じました。

 他にも、プレリュード、ファイナルファンタジー、Eyes On Meといったものもあり、FINAL FANTASYシリーズが好きな方にはオススメかと思います。

A New Story 裏
 私が初めてプレイしたFFはSFC版のVIで、何度も何度もクリアしては遊び倒しました。そのせいか、この作品が一番好きで、PS版、GBA版も買ったくらいです。

 ただPS版はロードが、GBA版はBGMが変でしたよね。セリスへの暴行もカットされていますし、私はやっぱり初代を推したいところです。

 他のFFシリーズについても書き添えたいのですが、長くなるので、そちらはまた機会が出来次第ちょこちょこ書こうかなと思います。

 最後までの閲覧ありがとうございました。

みあ みあの日曜日

2012年03月19日01:33
 2011/4/23に撮影しました。
みあの日曜日 043

 詳細はこちら――
■みあ みあの日曜日 →
http://www.1999.co.jp/10143409

 開けてすぐ撮ったので、衣装はデフォルトのままです。

 全体像です。
みあの日曜日 046
 最初に発売されたみあの放課後は、通販でも店舗でも、完全に買い逃してしまった苦い思い出があります。

 ストレートヘアーのみあさん、また出てくれると良いのですが。

 みあとヒマワリです。

みあの日曜日 073

 小さめの品種なのですが、1/6サイズと並ぶと十分大きく見えますね。

 花言葉には、あなたを見つめる、愛慕、光り輝く、といったものがあります。

 原産は北アメリカ西部で、過去アメリカ大陸へ上陸したスペイン人が種を持ち帰り、欧州に広まりました。
英語では、そのままサンフラワー (sunflower) と言います。

 古代では太陽の花と呼ばれ、高貴な人達が花を模した飾りを身に付けるなど、大変重んじられていた様です。

 私的には、他界した犬の棺にたくさんのヒマワリを入れて見送ったので、感慨深いお花でもあります。

 閲覧ありがとうございました。

アリサ デイズオブメイ

2012年03月18日05:12
 2011/6/14に撮影しました。
アリサ 025

 詳細はこちら――
ALISA Days of May (ダイレクトストア限定版)

 衣装はデフォルトのままです。私自身は、被り物があまり好きではないので、ドールに使うことも少なめです。

 接写です。
アリサ 007
 レモングリーンの瞳が凄く綺麗な子でした。

 制服は冬服だけあって嵩張ります。一度着せ替えると、次に着せる時に、ジャケットとブラウスといった長袖同士で苦労しそうですね。

 アリサとカーネーションです。
アリサ 033
 他界した犬の遺影前にと、切花を枯れる度に買うのですが、冬場は長持ちして良いですね。

 夏場は水を替えても替えても、茎自体が徐々に腐り始めるので困ります。

 みなさんは、好きなお花などありますか。

 私はスイートピーがお気に入りです。花びらの形が、蝶が今にも飛び立ちそうな様相から、門出や旅立ちを意味する花言葉が有名ですね。

 原産はイタリアのシチリア島で、イタリア語ではピセッロ オドローゾ (Pisello Odoroso
)と言います。oが最後にくるので男性名詞なんです。
 種には毒があるので、食べない様に気を付けて下さいね。

 最後までの閲覧ありがとうございました。

リセ プログレッション

2012年03月17日04:47
 2011/11/7に撮影しました。
リセ デフォルト衣装 (30)

 詳細はこちら――
■Lycee Progression (通常版) → http://www.1999.co.jp/10160571

 衣装はデフォルトのままです。編みベルトは忘れてしまいました。

 サアラやアリサの様な大人しい印象ではなく、どこかクールで、マヤに近いアクティブな印象を受けました。
 当方はマヤにはまだ興味を引かれず、今は一人も持っていません。ファンの方々、申し訳ありません。

 全体像です。
リセ デフォルト衣装 (33)
 スラッと脚が長く衣装が引き立って、可愛いと言うよりは、カッコイイと言った方がしっくり行くかもしれません。

 反面、ドレスや和服の様なセット衣装を着せると決まらない気がします。

 リアンと手を繋がせてみました。
リセ&リアン (17)
 仲の良いお姉さんという感じがします。

 そういえば先日、電車に乗っていたら、手を繋いだ女学生さんがやって来ました。可愛い子同士で、車内でも腕を組んでいて、そんな気の置けなさを少し羨ましく思いました。
 社会に出ると、ほぼ出来ませんものね。

 以下は、2011/11/11に作成したものです。前週辺りにTAS動画を見ていたか何かで、作りたくなったんだと思います。
 楽しんで下されば幸いです。
激神リセ&リアン

激神リセ&リアン 戦闘画面1

激神リセ&リアン 戦闘画面2

激神リセ&リアン 戦闘画面3
 かなり古いのですが、これをリアルタイムでプレイしていた方はいらっしゃるでしょうか。中々面白いゲームでしたよね。
 私自身は買えなくて、当時友達から借りて遊ばせてもらいました。

 序盤で1マスずつ止まって鍛えてみたり、早い段階でキュイやらドドリアやら倒してみたり、色々自由度があったと思います。
 何にしても、悟空が到着したら一気にインフレするのですけどね。

 最後までの閲覧ありがとうございました。

エレン バレンタイン2012

2012年03月15日01:54

 2012/2/14のバレンタインデーに撮ったものです。
バレンタイン2012 (26)

 過去に撮影したエレンのものは、こちらで出尽くしました。次回からは、えっくす☆きゅーとを貼ろうかなと思っています。
バレンタイン2012 (24)
 私的に、このワンピは結構気に入っています。昔から地味なデザインのものが好きだったりするので。

 昨年末にはサンタ服も用意していたのですが、多忙で着替えさせることが出来ず、撮影も断念しました。
 イベントを逃して、エレンさんは怒っているでしょうか。

 見上げるエレンさんです。
バレンタイン2012 (8)
 この緑色のぐるぐるした目が大好きです。

 少し前に開始されたELLEN Time of eternal ver1.1も買うつもりだったのですが、アゾネット購入画面の最終確認で、ふと躊躇した途端に売り切れちゃいました。
 美人さんで惜しかったですけれど、四万の消費予定はやっぱり大きかったです。新作衣装も控えていますしね。

 余談ですが、先日、Majokko☆Raili/littlewitch of the snow (ダイレクトストア限定版)を大阪店にて予約しておきました。
 この子が初ライリとなります。来るのが楽しみですね。

 閲覧ありがとうございました。

エレン ロージーマキシワンピース

2012年03月14日00:36
 2012/2/6に撮影したものです。少しずつ現在へ近付いてきましたね。
ロージーマキシワンピ (7)

 使用した衣装は、ボークスさんで購入しました。

 元はSD13クラス用なので、エレンさんの様な50cmタイプに着せるとかなりダブつきます。なので、背中で弛みをクリップで留めてあります。

 商品自体はまだ残っていますので、もしお気に召しましたら、みなさんのドールさんにもいかがでしょうか。お値段は6300円でした。

 後は、茶番でつまらないかもしれませんが、セリフ付きのものを作ったので貼ってみたいと思います。良ければどうぞ。
ロージーマキシワンピ (12) リサイズ セリフ付加
ロージーマキシワンピ (14) リサイズ セリフ付加
ロージーマキシワンピ (19) リサイズ セリフ付加
ロージーマキシワンピ (24) リサイズ セリフ付加
 どうやら、エレンさんには気に入ってもらえた様です(?)。

 こちらの手鏡は、ファンシーショップで購入しました。お値段は500円とお手頃なのですが、値段相応の作りでもあります。
 見掛けは十分美味しそうなので、置物として飾っています。

 閲覧ありがとうございました。

エレン セーラー服 ホワイト×ネイビー

2012年03月13日01:51
 2011/9/6に撮影したものです。
エレン 白セーラー服 (16)

 使用した衣装はこちら――
■セーラー服 → http://www.1999.co.jp/10158085
■ローファー → http://www.1999.co.jp/10113404
■ソックス → http://www.1999.co.jp/10113403

エレン 白セーラー服 (23)
 ふと、後ろを向けた時の髪が綺麗だったのでパシャリ。

 電車などで見る実際の学生さんは、もう少し脚がふっくらしていますよね。この辺はやっぱり、ああドールなんだなと思います。

 私的には、もう少し長めのプリーツスカートも欲しいな、といったところです。この丈だと寒いですよね。ニーハイソックスでも良いですね。

 珍しくポーズを付けてみました。セーラーエレン。
エレン 白セーラー服 (34)
 付けているヘアクリップ (サテンブラック)は、レーベルショップアゾン大阪にて126円で売っていたので衝動買いしました。

 セーラー服 ネイビー×ネイビーも持っているのですが、制服ばっかりなのもな、ということで仕舞ってあります。
 最近はセーラー服の学生さんをあまり見掛けなくなりました。ブレザーさんならよく見るのですけど。

 余談ですが、セーラー戦士ではみちるさんが好きでした。バイオリン素晴らしいですよね。新生ほたるを抱いたみちるさんも。

 みなさんは、好きなセーラー戦士はいましたか。

 そもそも今の若い子は、セーラームーンって知っているのでしょうか。もうプリキュアとかの時代ですしね。

 閲覧ありがとうございました。

エレン PARABOX製ワンピース ホワイト

2012年03月12日00:16
 2011/6/29に撮影したものです。
エレン parabox白ドレス 013 トリミング

 衣装は、PARABOXで購入しました。

 全体像です。

エレン parabox白ドレス 016
 全体的にツヤツヤしていて柔らかい素材でした。
 夏場だったので素足ですが、白タイツと合わせても映えるかもしれません。いつかやってみましょう。

 中距離からです。
エレン parabox白ドレス 015
 ヒラヒラから見える脚が可愛いと思いました。

 胸や肩周りのネット、スカート部分のフリルは、ささくれなどで引っ掛けない様に注意したいところですね。

 閲覧ありがとうございました。

エレン クローディアワンピース ブラック (リボンフリルハット)

2012年03月11日00:38
 2011/5/2に撮影したものです。
エレン クローディアワンピ 001

 どことなく魔女っぽい厳かな雰囲気を感じます。

 使用した衣装はこちら――
■クローディアワンピース → http://www.1999.co.jp/10136741
■ロリータハイソックス → http://www.1999.co.jp/10136746
■ストラップシューズ → http://www.1999.co.jp/10136748

 髪飾りを付けてみました。
エレン クローディアワンピ 011
 この髪飾りは、えっくす☆きゅーと Secret Wonderland Lien (リアン6th)付属のものです。 → http://www.1999.co.jp/10090012
 パーティ衣装みたいになって、少し柔らかくなった様に思います。

 ハットを被らせると、ゴスロリ衣装という感じがします。
エレン リボンフリルハット 005
 こちらのミニハットは、元々ゴスロリ系アクセサリーの人間用で、カチューシャ部分を取り外して使用しました。
 先の麦藁帽子とは違い、頭まですっぽり入ります。

 もしご入用の方は、ミニハットで検索して頂ければ、色々な種類・嗜好のハットが見付かるかと思います。お値段は約1500~4000円と、細工によって変わってきます。

 閲覧ありがとうございました。

エレン 鞠桜 黒

2012年03月10日01:19

 2011/1/15に撮影したものを、本日は載せておきます。
エレン 鞠桜 5

 今現在も、手持ちに一着しかない貴重な和服です。

 使用した衣装はこちら――
■鞠桜 →
http://www.1999.co.jp/10132656

 着物の仕様ですが、下駄は含まれていません。別途お買い求めが可能です。赤い鼻緒と黒い鼻緒のものがあります。
 肌襦袢もありません。襟元のものは飾りみたいなものです。

 帯は腰裏に回し、凹凸ボタン2つで止めるタイプでした。

 髪留めには小さなヘアピンが付いていて、髪を挟んで飾り付けることが出来ます。金属製なので、付ける際に髪を傷めない様にご注意下さいね。

 セットの中に、着せ付けを図解で説明したA4サイズほどのペーパーも入っています。合わせてどうぞ。

 中距離からです。 

エレン 鞠桜 3
 長い黒髪だからか和人形みたいで、夜不意に見ると、ぬぼーっと座っていてちょっとびっくりしました。

 全体像です。
エレン 鞠桜 4
 変に和服特有の寸胴にならずに、上手く着こなしてくれているかな、と思います。私的には満足な一品でした。

 閲覧ありがとうございました。

エレン セーラーワンピース ホワイト (麦藁帽子)

2012年03月09日03:15
 2010/7/24に撮影した分です。
黒エレン セーラーワンピ 014

 使用した衣装はこちら―― 
■セーラーワンピース→
http://www.1999.co.jp/10115639

 少し右からです。

黒エレン セーラーワンピ 017
 麦藁帽子も相まって、清楚な感じがします。
 スカートの生地が薄めなので、透けない様に注意して下さいね。

 少し左からです。

黒エレン セーラーワンピ 023
 この麦藁帽子、実はしっかり被れていません。少し小さいのです。
 元は髪飾りなので、ヘアピンを取り外して使用しました。

 閲覧ありがとうございました。

エレン ロイヤルクロスワンピース ホワイト

2012年03月09日02:12
 2010/4/15に撮影しました。
エレン 白装束 012
 チョーカーやフリルが可愛いですよね。
 付け袖なので、取り外すことも出来ます。

 使用した衣装はこちら――
■ロイヤルクロスワンピース → http://www.1999.co.jp/10106128
■オーバーニーストッキング → http://www.1999.co.jp/10081170

 正面からです。

エレン 白装束 046
 見つめられると、言えない言葉もありますね。

 中距離からです。

エレン 白装束 037
 今見たら、このポーズでGLAYを思い出しました。
 私の世代では、Howeverとかwinter againとか流行っていました。

 閲覧ありがとうございました。

エレン デフォルト衣装 (アンブレラ)

2012年03月09日01:39
 2010/3/29に撮影しました。
エレン2 076
 小さい子、えっくす☆きゅーと 5 Anniversary リアンと一緒です。

 接写です。

エレン2 080
 1/3サイズと1/6サイズ、何とも不思議な感じがします。

 2010/4/1に撮影しました。アンブレラ。

エレン アンブレラ 005
 確かインテリア類だったと思います。骨はプラスチックながら、本物みたいにバッと手動で開くことが出来ました。
 小道具や小物を集めるのは楽しいですよね。

 閲覧ありがとうございました。

初めまして

2012年03月08日23:20
 みなさん、こんにちは!

 いつもアマゾンや、気軽にフィギュアやドールを買ってみるスレにて閲覧下さっている方、毎度お世話になっております。

 そして、初めての方、遙々のご来訪ありがとうございます。

 こっそりブログなどを立ち上げてみました。お人形さんばっかりになる予定ですが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
(ブログ名は、気軽にフィギュアやドールを買ってみるスレの、ショップリンクを作成したのも縁かなと思い、拝借してみました。問題がある場合は、いつでもご意見して頂ければと存じます)
 

黒エレン1 098

黒エレン1 108
 この子は、エレンと言いまして、2010/3/26にやって来ました。
 正式名称は、ELLEN Time of eternal ダイレクトストア限定版です。
(公式サイトと詳細はこちら →
http://www.azone-int.jp/)

 本ブログの撮影には、デジタルカメラ(DSC-170)を使用しております。

黒エレン1 138
 私にとって初の50cmドールで、届いた当時は、どう扱えば良いのか分からず右往左往していた覚えがあります。

 改めて見直してみると、知らないところへ来たばかりで、ドールながら少し緊張の色が浮かんでいる様な気がします。

 みなさんは、初めてのドールを手にした時にはどう感じられたのでしょうか。ワクワク、ドキドキ、ムラムラ、多々あるかと思います。

短編小説 英語版

2012年03月01日00:12

   ~Eloim Essaim, frugativi et appelavi~
                                       

   prologue ―― the world of Grand-Grimoire

   "Well next , attendance number 12 !"  Mature woman teacher's nervous high-pitched voice, which resounding in the empty training hall.
   Twelve is my attendance number. The number of students has decreased year by year, I am the end of line in this class.
   I jumped to the front of her and declare my attendance numbers and my names. Of success if it is possible to completely freeze the water that has been put in the bucket when I used the magic of the ice, today's practice is extremely simple.
   Loooooook me, Old Bag. Degree practice that to play even in children of kindergarten......
   "frugativi et appelavi ! Foxes's Frappé, halu-halo !"


 力尽きました……。

五分割の短編小説について

2012年03月01日00:11
 追記しておきます。
 少し前の記事にある五分割の短編小説は、四月にネ実にて公開済みでして、好評を頂いたので選考にも送ってみたのですがダメでした。

317 :既にその名前は使われています:2011/04/20(水) 03:46:30.03 ID:oq2LxcKd
魔法少女ものです(誤字、誤表記がありました)
http://minus-k.com/nejitsu/loader/up108656.txt


 それでも以下の方々から、良かったと言って貰えただけでも、一物書きとしては幸せ者だと感じております。

320 :既にその名前は使われています:2011/04/20(水)
05:02:28.16 ID:l4V3JoeS
>>317
大変面白かった 短編として良くまとまっており
筋として無駄がないので引っかかりなく最後まで読めた
これは大変高い実力の持ち主ですね? 設定関連もよく呑み込んだうえで、
キャラクターに物語のプライオリティを置きすぎることなく文面に昇華してる
故にキャラクターの事知りたいって思うんだよな
普通に絶賛できるレベルです 素晴らしい


421 :既にその名前は使われています:2011/04/23(土) 01:57:15.30 ID:ArmImLxk
>>317
すげぇ面白かった。場面場面の描写とか短編なのに
内容にボリュームがあるし全然読み飽きなかった。
このスレだけに投下じゃもったいないな


 お二方には、この場を借りて、再度心より感謝申し上げます。
 ありがとうございました。
 
 ブログに辿り着いて下さった皆さんにも、最後まで読んで頂けたら作品も喜ぶかと思います。
 お暇な時にでも、チラッといかがでしょうか。

『エロイムエッサイム、我は求め訴えたり』(1) 一次審査落選作品 ―― 第19回電撃大賞 アスキー・メディアワークス

2012年03月01日00:10

   エロイムエッサイム、我は求め訴えたり
                                        

   prologue ―― the world of Grand-Grimoire
 

「はい次、出席番号十二番!」
 年増教師の神経質な甲高い声が、がらんとした実習館に響き渡る。
 十二とは私の番号だ。生徒数は年々減る一方で、このクラスは私が最後尾になる。
 私は彼女の前へ躍り出て、出席番号と名前を宣言する。本日の実習は、氷の魔法を用いて、バケツ内に張られた水を完全に凍り付かせれば成功という、至極簡単なものだ。
 見ていなさいオババ。こんな、手習い前の子でも遊びでやっている実習なんて、
「我は求め訴えたり! 氷雪のこんこんぎつね、舞え!!」
 詠唱とともに、私は右腕を掲げ、人差し指をバケツへと指し示した。すると、白い雪化粧を纏った狐が二匹、私に寄り添い、まるでじゃれる様に現れた。
 辺りから感嘆の声が上がる。件の教師は、帳簿を持ったまま鋭い眼差しを逸らさない。
 白の狐達は舞い、思惑通りバケツを凍て付かせ、水を凍らせ始めた。
 ふふ、どう、今回は完璧でしょ。いつも実習になると失敗して、笑われて、落第生のレッテルを貼られて、本当は悔しかったのよ。筆記は完璧なのに。
 でも、名を冠した者の召喚はとても契約が難しく、プロじゃないとまず無理で、まだ学生の私には、こうやって自然の象徴ぐらいしか呼び出せない。
 一同黙って見ていると、二匹の狐達は誤ってバケツをひっくり返し、驚いて慌てて逃げ去り、後にはバケツを帽子にした雪だるまが出来上がっていた。失敗である。
「えぇぇぇ……」うな垂れる私と沸き起こる忍び笑い。
「はぁ、十二番また失格と」教師も呆れ気味に、帳簿へと羽ペンで記載していた。
 もちろん、解散時に私だけ残され、先生のところへ放課後来る様にと言い付けられた。
 と、そんな感じで今日も今日とて、小言、繰言を遅くまで並べ立てられ、心身ともに疲労困憊で実習試験は幕を閉じたのだった。
 魔法学校からの帰り道、私は愛用の錫杖に横座りしながら、上下左右ひょろひょろと飛び、突き付けられた成績に打ちひしがれ、思い倦ねいていた。
 どうして上手くいかないんだろう。お姉ちゃん二人は、もうとっくに魔女になって活躍しているというのに、私は、ずっとダメな子のままなのかなぁ……。
 もう十六になるのに、召喚魔をまだ一つも使役出来ないなんて、ちょっと、自信失くしちゃう。私には、召喚士が向いてないのかもしれない。はぁ、やめちゃおっか――
「ぬわぁっ」
 余計なことを考えていたら、前方の大きな樹に気付かず、ぶつかって錫杖から落ちた。
 草の匂いを孕んだ風がざあっと吹き抜け、私の背まである長めの髪を靡く。夕暮れに染まる大樹の下で、頭の後ろに腕を回して枕にし、揺れる梢の中へ何気なく視線を注ぐ。
 私らしくもないな、追試くらい、何百回でも挑戦してやるんだから。それにしても、魔法の源でもある大樹さんは今日も元気なのに、私の召喚はホント成功しないのよね。
 学校を卒業して、早くプロ召喚になって、お姉ちゃん達と一緒に肩を並べたいな。
 プロの魔道士は魔女と称号が変わり、会得したスキルに見合った役職が宛がわれ、基本的な生産、輸送、経営、開発、建築、解体、修理、救護に留まらず、治安維持、防衛任務、人間界の観測や警護、脅威である魔界の偵察や監視、等々を主にして生業となる。
 召喚士は、幻魔、妖精、精霊、冠名の召喚と、徐々にレベルを上げては契約していく。
 私だって、精霊までは一通り契約出来てるんだけどなぁ……現われやしない……。
 その時私は、「あれ?」と、目をぱちくりぱちくり瞬かせる。
 陽が沈み、暗がりに染まっていく梢の中を見ていて、私の中で妙な違和感が芽生えた。
 そうだ。いつも鬱陶しいくらい枝葉から出ている、ダイヤモンドダストの様な魔力塵が、今は随分と少なくなっている気がする。
 だとしたら、私の召喚魔法が成功しないのもこれの影響?
「まさかね……」
 呟きとほぼ同時に、一番上の姉(おねぇ)から、ピアス型通信珠に呼び出しが掛かる。
 このアイテムは、通信珠通しの会話だけでなく、相手や登録メンバーの居場所も探知することが出来る。詮索されたくなければ、待機魔力を全面カットしておくと、ピアスやイヤリング、コームやブローチといった、ただの装飾品へと成り下がる。
 私はピアスを指先で触れ、意識を集中すると、急いた姉の声が頭の中で連結された。
 話を聞けば、何やら三姉妹緊急召集らしい。よく分からないけれど、早く帰った方が良さそうなことは確かだ。二番目の姉(あねぇ)も、もう帰宅しているとのこと。
 用件が終わったのか通信が切られ、私は大きな根っこの近くまで趣き、転がっていた錫杖を拾い上げた。さっきと同じ方法で横座り、自宅へ向かって飛翔する。
 跨っても良いのだけど、あれは、女の子の部分が痛くなるし、私は好きじゃない。
 高度を上げつつ俯瞰すると、大樹周りに作られた私達の町が一望出来た。南にある木造りの小さな魔法学校を後目に、樹木の密度は低いけど葉は生い茂っている森を越える。
 色々な植物達が発する青い香りや、夜の帳が下りるのを感じさせる沈んだ空気が、吹き付ける風と混じり合って鼻腔をくすぐった。
 毎日通っている空の道なのに、私は楽しくなってきて、急降下、小橋が掛かる水路の上を滑る様に高速で飛行し、セピアに彩られた水飛沫を立ててはまた空へと舞い上がる。
 一息吐いて地平線を望み、橙色と紫色と黒色のグラデーションの艶やかさを目に映しながら、乱れた髪をさらりと掬い上げた。満足したので帰路に就く。

 ほんのり明かりが灯った、我が家前で錫杖を降りる。門を開けて、石畳が敷かれた庭を通り、両開きの扉を開けると、姉二人が揃って出迎えてくれた。
「おかえりなさい」「おかえ」
 長女二十五歳。おねぇは黒魔道士をやっていて、眠らずとも魔力が自然回復するという黒紫の衣装を纏う。彼女は指先一つで、火土水風氷雷闇を何も無いところからでも発動させることが出来る、かなり高位の魔女の優しいお姉ちゃん。大好き。
 次女二十二歳。あねぇは白魔道士で、赤い縁取りの白衣装を纏う、光に特化した存在。治癒、治療、再生、修繕を得意とする。しかし、取り繕った外面とは裏腹に、内面はとても冷徹で、取捨選択厳しく、完璧主義の怖いお姉ちゃん。近寄り難い。
 あねぇは容姿端麗だけれど、もし襲おうものなら、殿方の秘法は一夜にして粉砕されることは間違いない。彼女を形容すると、〝次女に鈍器〟〝次女が歩けば棒も伏せる〟〝次女に右腕を上げさせるな〟〝俺は人間をやめるぞジジョォォォォォ〟など。
 おねぇがこちらへ歩み寄り、帰って来て早々、話す間も無く赤い紙を手渡される。
「ただいまぁって、えと、これは?」
 私が紙をひらひらさせつつ訊くと、傍らからあねぇも同じ赤い紙を示した。
「婆ちゃんから、人間界への派遣が命ぜられたのよ」
「お婆ちゃんが? どうして?」
 私達のお婆ちゃんは魔法世界の長で、全盛期に様々な魔法を習得し、前線を退いてからは、後世の若い魔道士へ見聞を広めて過ごしている。おねぇが口を開く。
「あなたも薄々気付いているでしょう? 最近この世界の魔法力が弱くなって、あらゆる魔法の効力が落ちているということを」
「あ、そうそう、やっぱり大樹さんと関係があるの?」
 打ち頷き、続けて話してくれる。
 大樹が生む魔力は、人間の感情や心情と感応して生まれるのだけど、近頃人間界で無感情な者が急増しているらしい。それで魔力生成が弱くなっているのだと言う。
 あねぇが唇を噛みがちに、
「原因は、分かってる。魔法世界に反旗を翻した魔道士がいるの」
「えっ、裏切ったってこと? 誰が何のために?」
「通称、青い魔女。コイツが、人間界で暴れてるのよ。私も一度組んだことがあるけど、すぐ身内を作って動きたがるから、すごくやり難い相手だったわ。何より厄介なのは、今回コイツの側近に、赤い魔女がいるってこと」
「青と赤の魔女……」私は相槌を打ちながら、学校で習ったことを思い返す。
 青い魔女は、怪物や化物を魔力で造り出して使役し、尚かつ自らの身に魔物の力の断片を宿し、行使することも出来るタイプ。
 赤い魔女は、魔法力を相手に送り込むことを得意とし、プラスの魔法力なら、魔力回復や身体能力の強化がなされ、マイナスの魔法力なら、足止めや抵抗力低下など弱らせることも出来ると先生は言っていた。
 難関な魔女クラスにまで上り詰めていて、どうして突然こんな騒動を……。
「お前達、揃ってるね?」
 奥から、お婆ちゃんの嗄れた声が聞こえた。こつん、こつんと年季の入った杖を突きながら、のっそり姿を現す。白髪頭で腰が曲がり、真っ黒なローブに身を包んだ、いかにも大魔女らしい風貌をしている。私達の前までやって来て、
「ありがとう、よく集まってくれた。今回の事件、概要は聞いているね?」
 こちらに目配せ、「はい」と姉達、私も一つ頷いて答えた。
「うむ。青い魔女はな、鍵を複製して門を開き、掟を破って人間界へ侵入した。そればかりか、あちらの人間とも接触したのだ。それも一人や二人ではない。
 ヤツの特性は知っていよう。魔物の持っていたアキュムレーションを宿していてな、あらゆる者から心を奪っては集積し、自らの魔力へと変換して蓄えておる。
 こちらの世界の魔法力が小さくなり、大樹が弱っているのもそれが原因だよ。まぁ、いずれ私の元へ戻り、仕返しに来るだろうね。破門した張本人なのだからな。
 それにしても、術が効かず歯向かった人間には魔法生物を当て付ける始末で、今や人間界は、たった一人の魔女の手によって危機的状況に晒されているのだ。
 この事態を収束すべく、大魔女の家系が第一線で向かわねばならんのだが、私は耄碌した、娘夫婦には要となる役職がある。勤めをほっぽり出して、おいそれと籍を外す訳にもいかん。魔界への防壁を解くことにも繋がるからね。
 そこで、お前達三姉妹には急遽人間界へ向かって欲しいのだ」
 それぞれが持つ赤い紙を、枯れ枝の様な指でちょいちょいと指し示した。
「その護符が、向こうへ転移するための特製アイテムだ。三人力を合わせての魔女討伐、複製された鍵の破壊。そして、人間に心を、大樹に魔法力を取り戻してやってくれ。
 以上が、今回の指令だよ。成功した暁には、大樹から削り出された神器を授けよう」
「分かりました」おねぇが楚々とした返事をする。
 お婆ちゃんが目玉を剥き、「カアァッ」と手の平を翳すと、例の赤紙がぼんやりと光り共鳴し始め、床に描かれた六芒星と七惑星が私達を包み込んだ。隣であねぇが叫ぶ。
「婆ちゃん! まだ出発の準備が! それにまだ夜だし、明日の朝にでも! ああっ!!」
「えっ!?」私の視界は暗中に閉ざされ、音も人の気配も途絶えた。
 着の身着のまま、慕う姉が一緒とはいえ、何か嫌な予感を覚えずにはいられなかった。

   the first ―― Slay Monster's Nest
 

『エロイムエッサイム、我は求め訴えたり』(2) 一次審査落選作品 ―― 第19回電撃大賞 アスキー・メディアワークス

2012年03月01日00:09

   エロイムエッサイム、我は求め訴えたり

   the first ―― Slay Monster's Nest
 

 暗幕が上がる。徐々に視覚、聴覚、嗅覚、触覚が私の元に戻ってくる。
 何か焦げた様な異臭が鼻を突く。訝しげに思いつつ、パチリと目を開けると同時に、「いやっ」と短い悲鳴を上げて、私は反射的に両手の平で双眸を覆った。
 一瞬だけ見えた人間界の変わり果てた姿。恐る恐る指の間から、自分がやって来た世界を見渡す。そこは灼熱に燃え盛る世界、夜なのに明々と照らされ、眼前に黒焦げの人型が横たわっているのが見て取れた。
 子供のものらしい小さな黒い指先に触れてみると、がさりと崩れて落ちた。
「ひっ……」
 私は涙目になって、パニックに陥り、一緒に来たはずのお姉ちゃん達を探す。
「お、おねぇ、あねぇ! どこぉ! 私は、ここだよぉ……」
 返事はない。それぞれ離れて人間界へ転移してしまった様だ。初めて体感する異様な光景を目の当たりに見て、私の膝は震えて、ぺたんとその場で座り込んでしまう。
 風向きが変わり、炎がこちらに迫ってくる。私の緑のローブを少し焦がした。
 這う這うの体で遠ざかるけれど、お尻が火傷しそうなくらい熱い。
「うっ、誰か……助けて……」声まで涙ぐむ。しかし、涙をいくら流したところで炎の勢いは治まることはない。とにかく、とにかく消火しなければ――。
 私は涙を拭い、膝を落ち着かせ、そっと力を入れて、内股ながらも立ち上がった。
「わ、我は求め訴えたり……水面のざぶざぶクラゲ、揺蕩え」
 錫杖を振り翳すと、頭上に大きな傘を広げたクラゲが召喚され、あちこちに水滴を垂らしながら、ふわふわと浮かんでいる。
「どうしよう……毒クラゲさんじゃ消せないよぉ。おねぇちゃぁん……」
 呼んでも誰も来ない。精々私の耳に入ってくるのは、上方へと燃え上がる、ごぉごぉという炎の雄叫びくらいなもの。四面楚歌。八方塞がり。打つ手無し。
 段々と呼吸も苦しくなってきて、私はまたへたり込んだ。水が恋しい。水が、欲しい。
 生への執着からか、精神が研ぎ澄まされ、焦げ臭い中に別なニオイを感じ取った。
「海……?」
 私は無我夢中で立ち上がり、火の手を避け、太い木々を縫って傾斜を下り、ひたすら潮の香りがする方へと駆けた。クラゲもふよふよ浮きながら付いて来る。
 暫くすると、風紋が描かれた砂浜まで辿り着き、波打ち際を境に暗緑色の海がどこまでも広がって、大きく薄黄色をした上空の三日月を照り返していた。
 私は海へ向かって飛ぼうと、急いで錫杖に乗り、浮遊しかけたところでふと閃いた。
「クラゲさん、海の水を火のところへ持っていって!」
 クラゲは指示通りに高度を下げ、傘を広げながら海中へと沈んでいった。間を置かずに海面が盛り上がり、三倍以上に膨らんだ身体をぶよぶよと震わせながら、火炎上空まで浮き流れて行く。私も浮上し、後に続いた。
「良い子ね。今よ、水を開放してあげて!」
 身体を捻る様に萎ませ、吸った海水を炎の上に垂れ流す。その姿は雑巾さながら。
 次第に山肌の一部が、白煙を出しながら鎮火し始める。
 完全に消えるまで、私達は何度も何度も、海と山の往復を続けた。月が真上に昇る頃には、ようやっと作業も大詰めを迎えた。
 草臥れて、砂浜で両足を投げ出して座る。
「ふぅ……こんなもんかな。ありがと、クラゲさん」
 礼を言うと、嬉しそうに触手を振りながら、魔法力に戻り霧散して消えて行った。
 まさか初めて使役出来た召喚魔が、毒クラゲだとは思わなかった。任務を終えて無事に帰れたら、クラスのみんなに話してみよう。きっと驚くだろうな。
 それにしても、いきなり飛ばされて来た時はパニックになったけど、一難去ると何とも余裕が出るものだ。これから、お姉ちゃん達を探さないといけない。
「あ、通信珠!」と、私は手を打って、方耳を触った。
 しかし、うんともすんとも言わない。ピアスを外して見てみると、亀裂が入ってしまっていた。もうこちらからは干渉出来ない。高熱に晒されて破損したのだろう。
「これ、高かったのにな……くすん」
 このままめげていても仕方がない。そう思い、私はピアスを装飾し直し、ローブの砂を掃ってから錫杖に乗った。全体を見渡すため、一度高高度まで浮かび上がる。
 どうやら、火災の渦中にあったのは、山間から麓へ続く、小さな港町らしかった。
 初めて訪れた異種族の世界を目の前にして、思わず声が漏れる。
「ここが人間の世界なのね……」
 でも、建物の壊れ方が自然災害的でなく、街中のあちこちに穴が開いている。干潮の砂浜でよく見掛ける、蟹の巣穴みたいに。
 私はゆっくりと町まで近付き、様子を伺う。どうもおかしい。あれだけの山火事が起きていたにも関わらず、寂然と町の灯りは消え、町の人は誰一人確認出来ない。
 強いて言えば、こちらに来た時、火災に巻き込まれたらしい子がいたくらいか。思い返せば、あの子はまだ六歳くらいだった。……。
 待ってて。夜が明けたら、私が町までちゃんと連れて来てあげるからね。
 そう心の中で約束し、私は突き出た桟橋にそっと降り立った。波に揺られて、ギシギシと、何艘か並ぶ小さな漁船が軋む。船の中にも人気はない。
 私は恐る恐る、廃墟の様な町へ足を踏み入れた。月光を頼りに、辺りを窺い、気配を探る。その時、「あっちょっ」バランスを崩して転んだ。
「いったぁ……もう」呟きながら砂埃を払い、ローブの裾を捲って足元を見ると、履いてきたパンプスの甲の部分、×字にあしらわれたベルトが一本根元から外れていた。
「あぁ、これじゃ、もう歩けないじゃない」
 よろよろと立ち上がり、近場の、扉さえ破損してなくなっている民家に入る。
「ごめんください、って誰もいなそう。お邪魔しますね」
 と、一応礼儀として、見えない主に声を掛けた。
 縫い物道具くらいは、どこの家にもあるだろう。ちょっと拝借して、靴を直そうと思った。玄関を上がる際、いつもの調子で、土足のまま上がりそうになった。
 魔法学校では人間界の講座もあり、下調べというか、基本知識は揃っている。
 私はパンプスを脱いで、手に持つ。改めて、荒れて砂埃っぽい板の間に素足を下ろす。
「あ、ついでに、おトイレも借りますね。どこかな」
 あちこち出入りして、設けられた室内を調べて回ってみると、玄関から進んで右手にトイレがあった。紙もちゃんとある。電気は点かない。
 私は履物を下に置き、錫杖を立て掛けた。ローブとアンダーローブの裾を腿まで捲り、下着を膝まで下ろして座った。
「ふぅ……」用を足す。膀胱に溜まった不純物が、水となって勢いよく流れ行く感覚が、恍惚さをもたらすと同時に、反射で私を身震いさせる。
 しかし何と言うか、余りに周囲の音が静か過ぎて、私の排泄音が響いて恥ずかしい。
 全部出し終わった様で、身体から抜け出る温かい感じが途絶えた。埃を払いつつ紙を巻き取り、毛の間などに残った滴を拭き取ってから捨てた。
 男の子は、きっと楽なんだろうな。と、いつもする度に、そういう思考が頭を過ぎる。
 下着を履き直し、汚水を流そうと、ツマミを大小どちらに捻っても水が出ない。町に起きた騒ぎで、水道も破損しているのかもしれない。
「ご、ごめんなさぁい……」
 小声で謝り、仕方なくそのままにしてトイレを後にした。手を洗う代わりに、先程台所のテーブルで見付けた、ウェットティッシュを使わせてもらった。次は裁縫道具だ。
 でも、勝手を知らない人の家で、そんな地味な道具が見付かるかは疑問ではある。
 一巡はしたけれどやはり見当たらず、とりあえず二階に向かうため、階段へと赴いた。
 古いのか、足を掛ける度にぎしりと軋んだ音を発した。奥の部屋から散策する。
 一瞥していくと、ベッドの上にぬいぐるみ、花柄の布団、レースのカーテン、学習デスク上に並ぶ小物、壁に掛かったセーラー服、学生鞄、どうやら女の子の部屋の様だ。
 なおベランダに通じる窓のガラスが割れており、カーテンが吹き込む風で揺れている。
その隙間を縫って、白んだ刈安色をした月光が仄かに差し込んでいた。
 女の子の部屋なら、ソーイングセットがあるかもしれない。私はそう思い、デスクの引き出しを失敬した。すると、一番上の段に赤い小箱を見付けた。
 開けてみると、大正解、針や糸、小さな裁ちバサミなどが綺麗に整えられていた。
 私は、大きめの針と硬めの糸を借り、デスクの上で作業を開始する。ベルトの端とパンプスの端に針を通し、動いても外れない様に、何重にも縫っていく。
 玉留めをしてはまた縫い始め、計三回縫い付けておいた。実際に履いてみると、それなりには持ちそうだ。応急処置としてはこんなものだろう。
 裁縫箱を元の通り片付け、ベッドに腰掛けた。ふぅっと一息し、天井を仰ぐ。
「……お腹空いたな」
 私は足を上げ、反動を付けてから立ち上がり、階下キッチンへと赴いた。
 またも失敬して冷蔵庫を開ける。電気が途絶えているから、痛んでいるかとも考えたけれど、ひんやりと、中はまだ冷気が少し残っていた。
 ということは、通電が途絶えてから、それほど時間が経っていないらしい。今になって思えば、町民は山火事から避難している可能性もあるわけだ。
 私はすぐ食べられそうなものを見繕い、胸に抱えてテーブルに着いた。先の散策で調べた時に、ガスも出ないことは確認済みだ。なので火も使えない。
 冷蔵庫の隣に設置されたプラスチックの網棚から、食パンも頂いた。翌朝用にでも。
 残り少なかったので、牛乳をパックのまま飲みつつ拳大のハムを丸齧り、トマトを頬張っては、サラダパックの野菜類をもしゃもしゃと食べた。
「ごちそうさまでしたっと」
 お腹が膨れたら眠くなってきた。この辺の更なる調査や姉らの探査は明日にして、今日はもう休むことにする。使った魔法力も回復しておきたい。
 私は買い置きであろうハブラシを借りて、海水をコップに汲み、歯磨きをする。この時にふと気付いて、後から海水をタライで運んでトイレも流しておいた。
 あの女の子の部屋に戻り、布団を借りる。緊急派遣で仕方ないとはいえ、知らない家の物を借りてばかりで、何だか罪悪感が芽生えてくる。一段落したらお礼をしよう。
「おねぇとあねぇは……どこにいるのかな……」
 ふんわりした布団に潜り込むと、体温で温かくなってきて、すぐさま眠りに落ちた。

 ――夢の中にいた。私が夢だと認識出来ている明晰夢。
 知覚していない時の、ただ成すがまま流される夢ではなく、何でも思い通りに、こうしたい、ああしたいと想像通りに描かれていく。
 お婆ちゃん、お父さんとお母さん、そして姉妹三人で、温かい夕食を囲んでいる夢。
 みんな表情が穏やかで、私はスープを一口啜った。格子窓の外には、大樹の魔力塵が雪の様にちらちら輝きを放って降り注ぎ、美しくも幻想的だった。
 こうした家族が一同に集う団欒の情景は、ここ数年見たことが無かった。一人きりじゃないけれど、いつもお婆ちゃんと一緒に過ごしていることの方が多かった。
 そんなゆったりとした夢の一ページが、端からばりばりと砕かれ吸い込まれていく。
 短く声を上げ、自席から手を伸ばして掴もうとしても、何にも届かない。いくら想像力で補っても為す術なく、全く思い通りにならなかった。
 私一人だけが残され、辺りには黒幕が広がるばかりで、しかもどこからか、咄嗟に耳を覆いたくなる何者かの月賦まで木霊してくる。私はイラッとした。
「ちょっと誰よ! 人の夢食べてるの!! 許さないっ、我は求め訴えたり――」
 と、詠唱途中で目が覚めた。なぜか私は今、揺れている。とても。
「え?」
 身体を起こし、寝ぼけた思考を集中させて、置かれている状況を把握しようと試みる。
 私自身も、壁の制服も、電灯も揺れ、錫杖は転がって踊っている。
「じ、地震?」
 いや、よくよく耳を澄ますと、白んできている外から、地鳴りの様な音響が聞こえる。
 私は覚束ない足取りで靴を履き、杖に飛び乗って、吹き曝しのベランダから表へ出た。
 周囲を見回すと、昨夜見付けた地面の穴から、家の二倍はあろうかという巨大なアースワームが突き出てうねうねと動いていた。それに合わせて地も鳴動する。
 きっとこれが町を壊滅させた原因で、青い魔女が放った魔法生物なのだろう。退治しなければいけないけれど、こんな大きなのを相手に一体どうやって……。
 私の夢を食べたやつにどことなく似ている。胴体は長く太く先端には口があり、長い鉤爪の様な歯が乱雑に生えている。目は無く、額らしきところに、手の平大で黄土色の宝石が埋め込まれているのが見えた。魔宝珠だ。
 もちろん私達の世界のアイテムで、この珠は通常、魔力増幅や効力上昇などが必要な時に用いられる。魔道士や魔女の技量によっては、魔物の原動力として、今回の様なイレギュラーな使い方も可能らしい。
 私も実際に見たのは初めてで、教科書をなぞった知識しかないけれど、お姉ちゃん達ならもっと詳しいかもしれない。
 まじまじと観察し、様子を見ていたら、突然こちらに頭を向けて襲い掛かってきた。
「きゃっ」
 ワームが吐き出してきた液を飛翔して避けると、液体を被った電柱が白煙を上げて溶けていく。張られた電線がだらりと弛緩した。臭う、胃酸か何かの溶解液だ。
 私は錫杖を巧みに操作して、次々続く濁った液をかわす。
「やん、きたなっ、もう、いい加減に、してよっ」
 それでも時折飛沫が掛かって、お気に入りのローブを焦がした。溶けた部分から、乳房を包む下着が露になった。自然と胸元を庇う。
「もう、やだ」そこに一瞬気を取られたせいで反応が遅れ、ワームのしなる胴体をぶつけられて、「くあっ!!」私は町上空を流され、山の方へと飛んで行く。
 杖ごと体勢を立て直しながら、樹林や山肌に衝突する前にブレーキを掛ける。
「いやぁ、ちょっと止まって、止まって! 止まりんぐ!」
 間一髪、幹から伸びる、太く鋭い枝の直前で停止した。一旦枝の上に乗る。
 女の子に汚い液を掛けるなんて最低、私はそう思い憤った。錫杖を向け、召喚魔法詠唱の構えに入る。ワームの奥、港の先、水平線から顔を出した朝日が目に沁みた。
「我は求め訴えたり! 氷雪のこんこんぎつね、舞え!!」
 私の魔力より形成された二匹の狐が、宙を駆けて行きワームへと齧り付く。胴体が凍り始めた直後、もがいたワームに振り解かれ、鋭い歯で順に噛み砕かれ消えた。
「ああっ……」
 私の召喚魔法では、レベルと力不足で太刀打ち出来ないかもしれない。こうしている間にも、魔物がのたりのたり動き回る度に町が崩れていく。
 こんな時、どうしたら良いんだろう。お姉ちゃん達ならどうするだろう。
 おねぇなら……炎の魔法を弾にして飲み込ませ、内部炸裂させているイメージ。
 あねぇなら……愛用の杖で滅多打ちにしている姿が、イメージとして沸き起こった。
 想像してみたけれど、やはりどちらの戦法も私には真似出来ないし、何より合わない。でも、どんな時も諦めずに立ち向かって行く、凛々しい姿だけは見習いたい。
 私は錫杖を横にして額まで掲げ、ありったけの心念を募らせた。
 私には難しいかもしれない。だけど、この町には一宿一飯の恩があるし、誰も不幸になってほしくない。そしてお婆ちゃんとの約束、青い魔女の好きにはさせない。
 だから精霊さん、今だけでも、その力を貸して下さい。
「我は願い訴えたり、元寇《げんこう》びゅんびゅん吹き荒ぶ風の精、いざ!」
 詠唱を言い終えると、私の傍らを一陣の風が通り抜け、空気が菱形に歪み、その中に淡いグリーン色で揺らめきながら、蝶の風貌をした風の精霊が召喚された。
「き、きてくれた! 成功した! わぁやった!」
 腕を伸ばすと、その蝶は手の甲に止まり羽を憩う。心から感動して、凝視してしまう。
 忘れるなとばかりに、前方からワームが町を蹂躙して這い回る。穴から出てきたその全容は、長いナマコに似ている。ぬたぬたとして、不快なことこの上ない。
 私は敵をキッと見据え、早速風の精霊に願う。
「精霊さん、あの気持ち悪いのをやっつけて!」
 また一陣の風が吹く。聞き届けてくれたのか、私の手から離れ飛び立ち、風の流れを羽に纏って自らの力としているみたいだ。蝶周辺の空間が、陽炎の様にぶれる。
 私も錫杖に乗って、舞い進む蝶の後に続く。
 羽ばたきながら片翼ずつ交互に羽を振るうと、どぎどぎと鋭利な風の刃が繰り出され、ワームを滅多に切り刻んでいく。一重の風刃、二重の風刃、三重の風刃――。
 振動凄まじく、大地にまで斬撃の余波が痕に残る。一方、輪切りにされたワームは、分かたれた胴体がそれぞれ意思を持つ様に、びたんびたんとあちこちを跳ね回り、しかも傷口から新たな頭が再生し始める。つまり小さくなって増殖した。
「そんな……切られても生きてるなんて……」
 しかし、悄然としている暇はない。追撃を掛けなければ、完全に倒さなければ、私達が来た意味が無い。そう思い、私は更に精霊に乞い願おうと顔を向けた。
「精霊さん、もう一度――」
 声を掛けた時には、蝶は粒子となって虚空へと消えた。それを見て間も無く、私の身体も制御出来なくなり、地面に叩き付けられた。
「あうぅっ……!」
 左脇腹を強く打った。もぞもぞ迫って来るワームの群れに、頭の中が真っ白になった。
 私は痛みを食い縛って立ち上がり、杖を抱き、左腕を庇いながら海の方へと逃げる。
 残存する魔法力が尽きた。もう飛翔することさえ不可能になった。精霊召喚の維持は、ひよっこ同然の私には長く続けられないらしい。
「助けて……誰か……」片脚を引き摺って小走り、彷徨う幽霊みたいに助けを求めた。
 分かってはいるけれど、返ってくるのは這い寄る地響きだけ。そして遂に、
「……ううっ!!」
 引いていた私の左足に噛み付かれた。細く尖った両歯が、皮を突き破って骨まで貫く。
 動脈まで切れたのか、鮮やかな血潮が溢れ出す。もう逃げられない。
「助けて……お願い助けてぇ……ぐっ」
 ワームは獲物を得て喜び、猫が鼠で遊ぶ様に足を引っ張られて倒される。落ちた時に強打したところを更に打ち、「あう……」広がる痛みに悶え呻いた。
 必死に地面を這おうと腕に力を入れてもがくけれど、新たなワームに左腕と右脚までがぶりと食い付かれ、私の心境に諦めの思いが沸き始めた。
「痛いよ……いた……い」
 またもう一体、目の前に回って来たやつが、楽しそうにあんぐりと大口を開けて、私の背にドボドボと溶解液を吐き出してきた。
「ああああああああああ!!」
 ローブが、下着が溶け、背が露になり、肌まで酸が沁み込んでくる。
「痛い!! 痛いよぉぉぉ!! たすけ、お姉ちゃあああああん!! いやあああ!!」
 叫び声も悲鳴へと変化し、辺りに木霊する。のた打ち回りたくても手足を押さえられ、
動けない。腕側と足側で私を取り合おうとするので、今にも腹から引き裂かれそうだ。
 その反動で、背で溶かされた髪がバラバラと落ちる。心が折れた。
「おねえちゃん、おねえちゃ……虫が……私を、私を……!! 虫が、虫がっ!!」
 喉が嗄れている。
「し、死にたくない!! 誰か!! 町の人でもいいから!! 誰か!! ねぇ誰か!!」
 発狂寸前の私に見えた情景。前にいるワームの口の中が、私の頭目掛けて――
 ざりっ。
 何かが抉れる様な音が聞こえた。
 私の首、取れちゃったのかな。醜くボロボロの血だらけのまま、一人で死ぬのかな。
 白いの。どこまでも白い。一点の曇りも無い光の海で浮かんでいる感じ。心地良い。
 ふと私は霞む目を見張って、髪を優しく撫で付けている人物像を捉え様とする。
「え、お姉ちゃん……?」
「そうよ。よく頑張ったわね。後は私に任せなさい」
「うん……。来て、くれたんだ…………」
 温かく抱かれながら、安堵の息を吐いて身を委ね、私の意識はそこで途絶えた。

   the second ―― Who is the Hero for My little sister
 

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページアクセス回数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / KIMONO selection 若葉
1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / KIMONO selection 若葉

1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE / ミラクルドロップ リアン
1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE / ミラクルドロップ リアン

1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE / フローラルイーズ みう
1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE / フローラルイーズ みう

1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE / ピュアハート ちいか
1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE / ピュアハート ちいか


1/6 えっくす☆きゅーと Alice's Tea Party ~お菓子なお茶会~ 三月うさぎ / ライリ


1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE / バーニングパッション あいか

1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE /ハッピーシャイニー ころん
1/6 えっくす☆きゅーと 13thシリーズ / Magical☆CUTE /ハッピーシャイニー ころん

1/6 キノコジュース×えっくす☆きゅーと ふぁみりー / KIMAGURE グッドモーニングベイビーズ せら
1/6 キノコジュース×えっくす☆きゅーと ふぁみりー / KIMAGURE グッドモーニングベイビーズ せら

1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / マシュマロうさぎさん みなみ
1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / マシュマロうさぎさん みなみ

1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / マシュマロうさぎさん みお
1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / マシュマロうさぎさん みお

1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / マシュマロうさぎさん ふうか
1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / マシュマロうさぎさん ふうか

1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / ~meow×meow a・la・mode~ シャム猫 みあ
1/6 えっくす☆きゅーと ふぁみりー / ~meow×meow a・la・mode~ シャム猫 みあ



1/6 サアラズ ア・ラ・モード~mermaid a・la・mode~ 金魚姫 / リセ
1/6 サアラズ ア・ラ・モード~mermaid a・la・mode~ 金魚姫 / リセ

1/6 サアラズ ア・ラ・モード~mermaid a・la・mode~ 金魚姫 / アリサ
1/6 サアラズ ア・ラ・モード~mermaid a・la・mode~ 金魚姫 / アリサ

1/6 サアラズ ア・ラ・モード ~mermaid a・la・mode~ 金魚姫 / マヤ
1/6 サアラズ ア・ラ・モード ~mermaid a・la・mode~ 金魚姫 / マヤ

1/6 サアラズ ア・ラ・モード ~mermaid a・la・mode~ 金魚姫 / サアラ
1/6 サアラズ ア・ラ・モード ~mermaid a・la・mode~ 金魚姫 / サアラ



1/12 Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ ミンディ
1/12 Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ ミンディ

1/12 Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ エム
1/12 Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ エム

1/12 Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ もじゃヴェル (リクエスト総選挙受注生産品)
1/12 Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ もじゃヴェル (リクエスト総選挙受注生産品)

1/12 Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ もじゃネイリー (リクエスト総選挙受注生産品)
1/12 Lil’Fairy ~ちいさなお手伝いさん~ もじゃネイリー (リクエスト総選挙受注生産品)

1/12 Lil’Fairy ちいさなお手伝いさん ~猫の手も借りたい?~ リプー
1/12 Lil’Fairy ちいさなお手伝いさん ~猫の手も借りたい?~ リプー

1/12 Lil’Fairy ちいさなお手伝いさん ~猫の手も借りたい?~ エルノ
1/12 Lil’Fairy ちいさなお手伝いさん ~猫の手も借りたい?~ エルノ

1/12 Lil’Fairy まねっこフェアリー ピチカ
1/12 Lil’Fairy まねっこフェアリー ピチカ

1/12 Lil’Fairy まねっこフェアリー イルミィ
1/12 Lil’Fairy まねっこフェアリー イルミィ

1/12 Lil’Fairy まねっこフェアリー ハーミア
1/12 Lil’Fairy まねっこフェアリー ハーミア

1/12 Lil’Fairy ちいさなお手伝いさん リアム (リクエスト総選挙受注生産品)
1/12 Lil’Fairy ちいさなお手伝いさん リアム (リクエスト総選挙受注生産品)







模型の通信販売 ホビーサーチ オンラインショップ







プロフィール

ayaka_hiduki

 こんにちは、桧月彩花です。
 手持ちのお人形さんや、着せ替えての衣装のご紹介、小物、フィギュア等の撮影&レビューを主にして、空いた時間に細々と更新していく予定です。

 まだまだ拙いブログ主ですが、どうかお付き合い下されば幸いに存じます。
 その他、公開済みの短編小説も掲載しておりますので、よろしければご一緒にいかがでしょうか。

 ブログ用のメアドはこちら
 pisello_odoroso_2012@hotmail.co.jp

 名前通り、Memories Offシリーズに登場した、永遠の14歳から頂きました。
 古いですが、PS版、PS2版、PSP版、小説版、どれも面白いので、一度お手に取って頂けると嬉しいです。

ざ・てきとー

QRコード
QRコード