こんにちは。今日は、なんか物凄く鮮明なエヴァの夢を見てしまったので書いておきたいと思います。

 使途を全部倒した後、なんか白い巨人を倒す話しになっていきまして、今度は九体いるとか言ってました。
 南極の爆心地を太陽に見据え、その周囲に惑星の軌道が描かれて、ロンギヌスを顔面に突き刺した巨人(旧弐号機の頭蓋貫通と量産機らの自己刺しを合わせた様な様相)の数だけ、光の点が増えていく感じでした。
 成功すると、全時間軸の白い巨人とロンギヌスは消滅し、元の平和な世界が戻るのだとか何とか。

 その激戦のさなか、式波アスカの乗った弐号機も槍を突き立てることに成功したのですが、巨人の断末魔に全エネルギーを奪い取られてしまいます。
 弐号機は地に伏せ、悔しさを表すのか、上空に手を伸ばしながら白い灰となって粉々になっていき、エントリープラグも剥き出され、式波の上半身まで風化したところで巨人の討伐が完了しました。

 その後、また夢が飛んで、なぜか黄色い旧零号機と量産機に化けた巨人が地上でタイマン張っていました。
 上空に使途の目の様な月があって、その下で戦っていたので、月が最後の敵だということでしょうかね。
 で、綾波が「私がいられるのは、あと十日もないから……だから」と言いながら、機体を損傷しつつ殴り合っていました。

 ここで目が覚めました。
 普段にないくらい鮮明な夢だったので、ちょっと驚きつつも、公開まであと一ヶ月切ったんだなぁ、という感じです。
 実際の映画はどんな内容になるのでしょうね。予告はピアノだけで、それが旧劇を彷彿とさせて何とも言えない気になるのですが。